なみ縫い刺繍レッスン:簡単な毛糸刺繍 クロス(十字架)編①「デザインと下書き」

1本線のなみ縫い刺繍にチャレンジした後は、その線の中もなみ縫いで埋めてみませんか?

 

 

今回のデザインはクロス(十字架)。

 

 

なぜクロス???ですよね。

これ特に意味は無いんです(笑)。

実は刺繍のデザインを決める時の大切なポイントがあって、それは

 

 

自分の好きな模様(形)にすること

 

 

もちろん最初は練習としてサンプルで用意されたデザインでも良いですが、やっぱり刺繍の楽しさは、自分が頭に思い描いたイメージを時間を掛けて自分の手で形にしてみる「喜び」これにつきると思います!

 

 

ご自分の好きなモノでも、一緒に暮らしているペットでも、好きな数字でも何でも良いと思いのです。

 

 

ちなみにクロスは直線だけで縫えるので最初の練習としてもオススメですし、縦と横の色を変えるだけでも一気に楽しくなります。何故私がクロスに惹かれるから未だに謎ですけど(笑)。

 

 

 

それでは始めてみましょう!

 

 

「デザインの型紙をつくる」

慣れてきたら直接布にデザインを書くのも良いと思います。でも不思議とただの直線クロスなのに布の上で測って定規で書いても案外真っ直ぐじゃなかったり、左右のバランスがぎこちなかったりするので、最初は紙でデザインの型紙を作るのをオススメします。しかも、型紙を作っておくと次に作りたい時に再利用出来るからとても便利です。

 

今回の型紙サイズ幅 4cm、高さ14cm のクロス

 

 

 

「型紙を布に写す」

型紙を写す前に、作りたいモノのサイズを決めて布に書いてしまいます。例えばトートを作りたければそのトートバッグのサイズを決めて布に書きます。こちらもよく使うサイズなら型紙を作るのがオススメです。

 

 

 

どうして先に作りたいモノの形を書くのかというと、手で縫う刺繍なのでどんなに気をつけても布に多少の歪みが出るかもしれません。そうなると正しい(トートバッグの)サイズが測れないんですね。

 

 

 

クロスの型紙を(トートバッグ)中心に写す時のポイントは

布に書いた線(トートバッグ用)の上に、半分に折ったトートバッグとクロスの型紙を重ねて中心を測ると簡単です。

 

 

型紙を布に写す方法はこちらをご参考に。

 

 

そして写した布はこんな感じになります。

 

 

と言う事で今回はここまで。

次回はいよいよ刺繍の始まりですね〜。

 

 

ありがとうございました。

KOZ