新居!空間作り工夫② 造作家具の無い家は面白い(その1)

昨年の暮れに築30年の平家に引っ越しをして賃貸ならでの工夫を楽しんでおります。

 

「賃貸ならでは」と言うのは「与えられた環境」と言う意味。現状復旧可能な状態の中で自分が心地良い空間を作ると言うこと。私達がこれまで暮らしてきた3件の戸建ては全て最新型。24時間空調があり設備も整っていて、必要な場所には適切な造作家具が設置されていました。

 

例えばキッチンの食器棚。引っ越しした当日に食器をそのまま仕舞うだけでO K!と言う感じ。しかもコンセントも内蔵されて炊飯器や電子レンジなども置く場所が備わっていてポンと置くだけ。めちゃ快適!

 

 

 

しかし今回のおうちはキッチンに何もありません。今まであった食器棚も炊飯器などを置くカウンターも食洗機もありません。

 

コンセントとスペースだけ

 

 

 

引っ越しをした当日は食器を置く場所がなく、ただテーブルに仮置きするしかない。キッチンをどんなレイアウトにするか決めていなかったので流石に棚を用意する事は出来ません。

 

 

そして引っ越しから少し経つと段々とパズル脳がムクムクと動き始めます。

 

少し話は逸れますが私のパズル脳は相談しながらと言うより、一旦自分の中でシュミレーションしてイメージが固まった時点でパターンは2つ、

 

  • 旦那さんが居ない時に勝手に変えてみて実際に確認する
  • 旦那さんに全体を説明して一緒に変えてみる

 

大体が①のパターンです(笑)。②の時は自分一人で動かせない物の時ですね。そして気が付くと変わっているのを旦那さんが発見すると言う流れ。よくストック場所も変わっているので「毎日宝探しみたいだ」と言っております。

 

 

そして食器棚ですが、今回はキッチンスペースが思いのほか広かったので思い切ってダイニングテーブルをキッチンにムギュッとセット。そうすると食器棚なんて置くスペースはございません。が、そもそも我が家は食器がメチャクチャ少ないので取り敢えずこれで対応。

 

 

こちらは以前のおうちで私のアトリエで材料をストックする用に作った簡単な棚。そして若干歪で不安定なので足側を上にすると言う荒技です。

 

 

でも使っているうちに流石にお皿を仕舞うには奥行きが無さすぎと言う事で新たに棚を作ることに。ホームセンターで材料をカットしてもらいビスで組み立て。

 

組み立てと言っても最近は作業を旦那さんにお任せする事が多い私。全て自分でやる必要はなく力が必要な箇所や、組み立ての順番など旦那さんの方が理にかなっている事が多く、すんなりお任せしております。

 

 

押さえているだけで終わる時もあったり(笑)。そして完成!

 

 

そしていざ!ダイニングテーブルの上にセット!

 

 

 

「えーーーーーーーーーーっ!!!!!!」

 

 

幅が合わない!!!!!!

 

 

サイズ測り間違えた!!!!!

 

 

 

うそん・・・マジですか・・・

気分を変えて、また逆さまに。

 

 

 

翌日、新たに木材を購入して上を蓋してもらい

 

 

 

何とか棚として機能するようになりました。

 

 

次回(その2)につづく。

新居!空間作り工夫① 出窓のカーテンを変える

私ごとですが昨年の年末に長野南信州に引っ越し致しました。以前住んでいた場所は田舎とは言え関東でしたので、やっぱりこちらの方が寒いです。

 

そして今回のおうちは同じ戸建てでも

 

・築30年

・平家

・和テイスト部分あり

・窓はペアガラスではない

 

とこれまでとは趣や便利具合が違います。どう考えても今までのおうちの方が

 

・築浅

・2階建て

・完全洋風のオール電化

・全てペアガラス(トイレやキッチンの小窓まで)

 

と住みやすさはダントツです。でも不思議な事に今回のおうちは2度も内見するくらい(関東と南信州の往復)頭に残る物件でした。それは私だけでなく旦那さんも同じだったようです。なので、これは“出会い”と思ったのと他の理由も相まってここに住む事に決めました。

 

 

そんな築30年平家の賃貸DIYをこれから少しずつご紹介して行こうと思います。という事で今回はリビングの出窓DIYのご紹介。

 

出窓って見た目には凹凸が出来て部屋に表情を作ってくれるから良いと思うのですが、これが1枚ガラスだと少しやっかい。普通の窓より部屋の暖気を集めやすく、外との温度差で結露が発生しやすい。かなり前に住んでいたマンションの寝室にも1箇所出窓があり、冬の結露を取るのが毎朝の日課でした。

 

そんな出窓が今回はリビングにある。そしてかなり大きい。その出窓のカーテンは少し変わった場所、出窓枠の内側(部屋側)に付いています。なのでカーテンを閉めるとこんな感じに。これはきっと窓との間に空気層を作るのが目的だと思います。

 

 

でもこれだと夜はカーテンの圧迫感があって部屋が狭く感じます。そして何より出窓に置いている観葉植物は閉めたカーテンの外側に居るので、夜中はとても寒そうです。

 

 

 

という事で我が家はカーテンを出窓枠の外側(窓に近い方)に付け直す事に。賃貸のためカーテンレールを取り付ける事が出来ないので、そういう時はつっぱり棒を使います。突っ張り棒か・・・と思うかもしれませんが最近はデザインも色々あって、あのいわゆる真っ白な味気無い突っ張り棒じゃないのが沢山あるのですよ。

だけど今回の窓がとにかく広い!軽く2m50cmはあります。そんな長い物干し竿みたいな突っ張り棒を買っても次に引っ越す時に使い道あるかしら?しかもネットで探してみたらデザインが良いのは2mまでが殆ど。

 

 

ん・・・諦めるのか・・・

 

 

と思ったら見つけました!今回使う突っ張り棒はこちら!何と基本は60cmだけどパーツを足してどんどん長くするタイプ。しかもステンレス!白くないよ〜!

 

 

出窓の植物と雑貨を一旦下ろします。

今までガラスブロックを1箇所に全部集めて使った事が無いので、なかなか圧巻な眺め。ちょっとした壁に見える。(ガラスブロック編は後日ご紹介)

 

 

カーテンをボールリングにそのまま掛けてみると、残念ながら幅が足りません。。。

 

 

そこでカーテンのヒダを全て取ってフラットなカーテンにする作戦。

 

 

そして丈も長いのでカットせずに折り込んでなみ縫いで裾上げ。この方が空気の層が出来て暖かそうです。

もう一度カーテンをクリップで挟んでポールに掛けてみるとピッタリ!!

 

 

 

まだヒダの癖が残っていて多少の引っ張りがあるので、馴染むまで中心をクリップ留め。

 

 

前のおうちでは今ひとつ馴染まなかったカーテンですが、場所や用途が変わるとしっくりくるから不思議ですね。観葉植物たちも喜んでいるような。

 

 

こんな感じで少しずつ自分たちのおうちにしていこうと思います。

賃貸でも楽しく豊に暮らす為の工夫が面白い。

 

 

ありがとうございました。

冬支度〜お気に入り靴下で寒さ対策

とうとう12月入りましたね。それと同時に一気に冷え込んできたような気がします。皆さんは冬の足元寒さ対策ってどうしていますか?

 

私は例年ですと靴下3枚履きが常識でございます。

 

1枚目:シルクの5本指のくるぶしまで隠れるサイズ

2枚目:コットンまたはウール系靴下

3枚目:ウール系靴下

 

ですが、靴下を3枚履くと何気に足首の辺りは窮屈感が否めません。お風呂に入る時に靴下を脱ぐと一気に締め付けがほぐれた感じがして、「これって本当に足先に良いのかな???」と思う事もしばしば。実は靴を履く時もすごく窮屈。。。

 

 

これを回避するにはインナーソックスより外に履く靴下はどんどん大きくすれば良いと思いますが、真冬以外も兼用しているので中々難しい。そして実際に冷えを感じるのは「つま先」だけですよね。

 

 

そんな中、去年購入してとっても可愛いのだけど、残念ながら底部分が直ぐに薄くなって今にも破れそうな靴下を処分するかを判断する事に。モヘア素材で色味もリブのデザインも可愛くて、そして中々のお値段。。。


fog モヘヤソックス

 

 

 

 

ん〜1年で捨てるか。。。。

 

 

と言う事で、

リブの部分だけカットします

 

カットした箇所を細かくなみ縫い

 

 

縫った糸をキュ〜っと絞って、絞った糸でグルリと巻いてキツく縛ります

 

 

それをひっくり返す

 

 

帽子みたい。本当はこれが自分で編めれば最高かも

 

 

 

足先にはめてみる。

なんか良い!カカトが無いからつま先に当たる絞り部分が気になら無い!

 

 

もう片方も作ってみました。これは発見かも!つま先だけは3枚履き!しかもモヘヤだから暖かい〜。

 

 

 

そしてこの上から例のルームシューズを履く。因みにこの靴下、本日カスタムの靴下。

 

 

ありがとうございました。

おしゃべりしてみます

私の旦那さんは毎朝7:30にラジオアプリ
【 stand fm】で良い話を配信しております。
年末年始もお休みする事なく365日。

ガズラジ

これってすごいですよね。

ちなみに旦那さんの事をご存知ない方へご紹介(GAZZ ガズ)

音楽を聴くのは最高だけどやるのはもっと最高!をテーマに「かんたんウクレレ教室 ガズレレ」というYouTubeチャンネルを開設していまして、チャンネル登録者の方が17万人のYouTuberです。その他ウクレレ教則本やエッセイ本、最近では「ガズピアノ」というガズレレイズムの鍵盤楽器のチャンネルと教則本を出版していまして、ガズピアノは私もレッスンのお手伝いをさせてもらっています(めちゃ楽しい!)。

YouTubeチャンネル かんたんウクレレ教室 ガズレレ

 

 

 

そんなガズさんのラジオ配信を毎日見ているうちに、面白そうだな〜と思うように(そう思わせるのがスゴイ)。そういえば私って昔から面白そうだな〜と思うと一応やってみるタイプなんだと最近思ったりします。

 

 

例えば

・高校の剣道部

最初はお願いされてマネージャーで入ったのですが、練習を見ているうちに「面白そうだな〜」&あの格好してみたいな〜(笑)から部員だった子とチェンジ。

 

・ドラム

友達が好きなバンドがあってでも一人ではホコ天に行く勇気が無いから付き合って〜とお願いされて行ったホコ天で、間近で見たドラムがとても楽しそうに(スポーツのように)見えて、徐に一人ヤマハのドラムスクールに通う。

 

 

・YouTube

こちらは完璧にガズさんの影響ですね。

 

 

と、人に歴史はあるものです。

そんなこんなで続いても続かなくても、上手くなってもならなくても、取り敢えずやってみる精神は何となくあるんだな〜と。そんなこんなで、ある夕食時にガズさんとラジオの話になり、多分察したのか

 

 

「やってみればいいじゃん」

「えっ!いつ!」

「今から 生でやってみなよ」

 

 

 

と中途半端な木曜の夕方にいきなり生配信。

 

めちゃくちゃたどたどしいし、焦って早口になるしで格好悪かったけど、始めた事は事実。

 

 

 

誰も聞いていないから安心して(笑)

 

そう安心して自分の好きな縫い物の事や、萌えっとするモノの事や、部屋作りの事や、これは役に立つかも!とピンときた事など、ガズさんのように良い話は無いですがお喋りしてみようかなと思います。

 

 

 

という事でご興味のある方は中途半端な木曜の夜(19時位)に

Stand fm 「ぬいものじかん」

をチェックして頂けると嬉しいです。


このアイコンです

 

 

 

ありがとうございました。

ハイウエストのデニムパンツを腰履き仕様に(再チャレンジ)

以前のぬいものブログに書いた

 

「無印良品のデニムをウエストから腰履きに変えたい」

 

ですが、やはりあれ位のカスタムでは腰履き感が感じられず何となく窮屈な印象が残り、知らず知らずのうちに履くのが遠のいていたデニムパンツ。夏はそもそも暑いので履くことはあまり無いですが、涼しくなってきて何となくデニムをたまに履きたくなる季節になりました。

 

でも履いてみるとウエストボタンは止められるようになっても、やっぱりまだハイウエスト感が拭えない。

 

リラックスして履けない。

 

腰骨辺りで履きたい。

 

 

と言う事で、思い切って分解してみる。相変わらず思い付きなので分解している途中で「これ大丈夫かな?」と若干不安に。

 

 

そしてこちらが前回のお直し部分。

 

 

フェルトを外すとこんな感じに

 

 

思い切って切ります!キャ〜!

 

 

このベルト部分はそれ自体が伸びるゴム糸で織られている感じなので、ゴムは見えないけど若干伸びる素材。なので前側のファスナーから何の力も加えず本体と合わせてみるとこれだけ足りません。

 

 

その足りない部分に足し布を付けます。この布は伸びません。

 

 

それをミシンで縫い付けます。

 

 

ん〜いい感じ!軽く5cmは伸びました!これで腰まで下ろして履く事が出来ます。でも、元々腰履き仕様では無いので若干足が短くなりますけど(笑)。

 

 

もう腰履きは流行らないのだろうか?

毎度直す私。

 

 

ありがとうございました。