キャビネットの収納扉を再利用 (番外編)

前回のブログでリビングのDIY棚が一気にミッドセンチュリー風なチェストになってとてもご満悦な私です。

前回ブログ

【キャビネットの扉を再利用②】

でも、どうしても忘れられない事、いやモノがある。それは

 

マガジンラック

 

チェストから外した扉の使い道が決まらなくて、取り敢えず洋書の仮ラックにした時に、白壁に何とも言えぬ良い感じのアクセント。

あの光景が忘れられず、、、

家にある材料でラック作り!

 

・3杯の端材の長さをカットして揃えます。

・水星ニス(けやき色)で塗ります。「けやき色」がとても好きです。

・木工ボンドで3枚を仮接着します。

・1日置いて、3枚を固定する為に両端にバルサ(細い修正材)を通してビスで止めます。

 

・そして雑誌や本が板に対して水平に置けるように、下板(以前100均で購入した別用途の物に水性ニスを塗ったモノ)をビスで付けます。最後に何処に付けるか決まらず置いていたアイアン(こちらも100均商品)もビス留め。これはラックのアクセントと置いた本が前に倒れてくるのを防止。

そして完成!!!

ヴィンテージの照りまでは無いけど、良い感じで白壁のアクセントになってる〜。

 

横から見ると3枚繋がっているのが分かります。

 

 

メチャクチャ満足!

我が家の大好きな場所が増えました。

ありがとうございました。

キャビネットの収納扉を再利用 その② 棚がチェストに変身

前回のブログの続きはこちらから

キャビネットの収納扉を再利用① マガジンラック

ヴィンテージのキャビネットの蓋を外してこんな感じに。この棚の面は私のソファ定位置の真正面で朝食後にソファに座って目の前の光景にご満悦していると・・・

 

 

 

ん?

 

ん? ん? ん?

 

 

これって、もしや?サイズ的に蓋になるんじゃない?と飲んでいるコーヒーをそのままに雑誌を取ってみる。

 

 

ほら!こうやって!当ててみるとなかなか良い感じ!蝶番付けっぱなしで良かった!

 

でも高さは良さそうだけど、幅が合わないので中の板を扉に合わせて左にズラす。

 

ヴィンテージの扉が重くて流石に一人では上手く出来ないので、今回は旦那さんも応援に。この棚は私のDIY。中央の棚も簡単に外せるし背面板が付いていないので、こういうビスを止める作業はしやすいです。

 

そしてジャーン!扉が付いた!

 

カッコイイ!!!ミッドセンチュリーだわ!

 

そもそも素人DIYが作った棚なので若干歪んで蓋にズレが・・・。

 

そんな時は蝶番のところにゴムを当てて扉の角度を調整。そして元のキャビネットに付いていた受け側の磁石も取り付け。

 

そして雑貨達も定位置に戻してあげて、ん〜素晴らしい!

 

少しだけ隙間が出来たスペースは本当に残したい雑誌だけを入れるスペースに。思い切ってもう読んでいない雑誌を処分してスッキリ。

 

ちらっと扉を開けてみるとまだこんな感じ。ゆくゆくは一枚横板を入れて2段にしようと思います。

 

 

ありがとうございました。

(もしかしてその③もあるかも)

キャビネットの収納扉を再利用 その① マガジンラック

もし自分の家だったら必ず洗面所に付けるであろう「タオル入れ」

 

ですが、賃貸の洗面所って意外と造作のタオル収納棚って無いですよね。後付けの洗面台が多く、最近は足元が引き出しタイプもあったりするけど殆どは観音扉式の仕切りが無いタイプ。


(こんな感じのタイプ)

 

 

私は(旦那さんも)ここに布モノを収納するのがあまり好きでなく、収納するとしたら洗濯道具系やお掃除系、普段使わないモノを収納しています。

 

で、タオルはどこに収納しているかと言うと、以前は無印の籠に入れてDIY椅子の上に置いていたのですが、どうもしっくり来なくて収納出来る棚を探していました。棚を決めるポイントは2つ

 

・タオルの収納部分は直ぐに取り出せるオープン棚

・出来れば私のパジャマなど簡単な夜用の着替え籠が入るスペースが欲しい

 

 

この2点を叶えたのがこちら

 

 

かなりリーズナブル価格で、しかもヴィンテージという言葉に弱い私は吸い寄せられるようにネット購入(しっかりサイズは確認済み)。

 

 

そしてキャビネットが到着して下の扉を開けてみると「ん?」何とも言えないよく言えば海外の香り、悪く言えば甘ったるい香り。これはパジャマを入れるにはどうでしょう?という事で、2ヶ月間くらい消臭剤を入れてみたけど全く香りが取れない。。。扉を開けっ放しで使うのも変だし、使わずにそのまま放置。

 

でも何だか上のタオル入れだけしか使ってないのって勿体ないという事で思い切って扉を外す事に。扉を取ってみると棚の中の白が見えて見た目が軽くなったような気がします。もうオープンなのでカゴを入れても大丈夫!

 

そして、この外した扉。見た目では伝わらないと思いますがとても重い。ずっしりとした木材なんだろうな。これをそのまま処分するのこそ勿体ない!

 

どうしよう、何にしよう、、、、と

蝶番が付いたままリビングの棚の上に置いて、そこに本を立て掛けてみると何だか超カッコイイ!!!

 

 

良い感じのラッカー風の塗装が夜はライトに反射してとても綺麗。特に使い道も無いし暫くはここで良いな。何だかやけにしっくり(笑)。

 

因みに、黒いアイアン(100円ショップ)はビスで留める勇気が無くて(本当にこれに付けて良いのか私)置いているだけですが、良いアクセントになっております。

 

今回その①ということは、その②がある訳で次回に続きます。

 

ありがとうございました。

ネットでも安心して購入出来る「布サンプル帳」

東京都内に住んでいた頃は、布を購入するのに直接お店に足を運んでいました。これは布を買う方は「分かる〜」と言って頂けると思いますが、色だけ見ても購入の決め手にならないんですよね。

 

・素材

・厚み

・肉眼で見た色

 

を実際に見て、触れないと作りたい物に会うか分からない。もしくは「これで何か作ってみたい」と思う布に巡り会えるかどうか。

 

なので、空のリュックを背負って大好きなオカダヤ(新宿)さんへよく通っていました。でも田舎に住むようになると交通費より送料の方が安くなってしまい、頻繁にお店に行く事が出来ないのでネットで布を購入する機会が増えました。

 

でも、やはり毎回、写真を見て購入した布は想像とは少し違っていて「ん〜」と思う事が多い。帆布などは「生成り」の一文字でも色んな色味があって、自分が思っているより色が濃い目なんて事もよくあります。個人的には白に近い生成りの方が好きです。

 

 

それ以外の布も色は分かってもシワになりやすそうか、厚みはどれ位かなど、画面だけでは納得した布を購入するのは難しいです。

でもフェルトは布に比べると安心です。素材の種類が少ない事もありますが、色も画像とほぼ変わらないし、厚みもしっかり表記されています。

 

 

やはり布は触らないと難しいですよね。余談ですが、コロナ前に旦那さんとお仕事の関係でベトナムに行った時に、私は別ルートで生地屋さんを回ったのですが、その時もひたすら布を触っている姿を見て付き添ってくれていた方が最初は不思議な光景を見るように観察していましたが、説明をしたら一緒に布を触るようになって「これはどうですか?」なんて協力してくれたり(笑)。

種類とスケールが海外チック

 

 

そんなこんなで色んなサイトでネット購入にチャレンジしていますが、先日、日本ヴォーグ社さんのサイトで手作りキットを作らせて頂いた際に、材料を選ぶ段階で布のサンプル帳を貸して頂きました。

メガネケース手作りキット

サコッシュ手作りキット

 

 

そこには、布そのものが貼ってあるので、色・素材・厚みなどが分かるから便利!何冊もあったら良いな〜と思っていた矢先にこんな投稿を発見!

 

 

へえ〜サンプル帳って売っているんだ〜と試しに3冊購入してみました。

 

・帆布カラー

・リネン

・ブロード

 

サンプル帳に布が貼ってあるので、そのモノ自体が分かります。素晴らしい!

見ているだけでテンションが上がります。

 

 

カラーの種類も一目瞭然

 

 

スマホからも購入可能みたいですね。

 

 

そして嬉しいのは10cm単位で購入出来ること。ネット専門の布屋さんは単位が決まっていたりするので、少し何か作ってみたい時にはとても便利。

ちなみにこのサンプル帳自体もオカダヤさんのサイトで300〜500円位で購入しました。

 

今後はここから布を選んで購入して、また動画で何かご紹介出来ればと思います。楽しみ〜!

 

 

ありがとうございました。

穴に糸が通らないストレスを解消してくれる縫い針

よく動画に頂くコメントに

「針はどんなモノを使っていますか?」

と言う内容を頂きます。

 

 

私の動画は毛糸で縫う事が多いので、そのご質問には「縫いたい毛糸」が針の穴に入れば何でもOKだと思います。的な何とも適当な回答をしてしまっております(笑)。

 

と言うのも縫い物好きの方は「あるある」と共感して下さる方もいらっしゃると思いますが、“取り敢えずコレも”と針を色々と買ってしまうんですよね(笑)。

で、何故か色々な針が手元にあるので、その中で良さそうなのを選んでいるのです。しかも、一度パッケージから出すと針山に刺しっぱなしなので、種類や号数を分かっていない(笑)〜。

 

でもちなみに、今回の手作りキットはきちんと日本ヴォーグ社さんに何種類かサンプルをご用意して頂いた中から選んだ針(作り方動画でも使用)なので、ご安心下さい。

 

 

そして、「穴に糸が通らないストレスを解消してくれる針」ですが、毛糸で縫うには向かないかもしれませんが、普段の縫い物でしたら私はかなりの頻度でこの針を使っています。

 

裁縫をよくされている方はご存知だと思いますが、それがこちらその名も

セルフ針

 

 

私も以前はどんな穴でも糸を通してみせる!くらいの意気込み(と言うか目が良かった)で、糸通しも使っていませんでした。

 

でもね、やっぱり体は変化していきます(笑)。そこに抵抗せず受け入れて、手元用メガネを可愛いフレームにしたり、糸通しのコインみたいなデザインに萌えっとしたりしていますが、でも普段サクッと手縫いをするならこれが良いですね。

 

何が良いかって、この針の上の割れ目から糸をグッと押し込んで入れるだけ。小さい穴は、上下左右に糸に当たると通りませんが、この針は隙間に入れるだけ。

 

 

しかも、サイズも1種類だけじゃないので結構使えそうですよね。そして入るからといって無理に太い糸を入れると、その糸自体が針穴の割れ目に当たって毛羽だってくる感じがするので、サイズは何気に大事かも知れません。なので、毛糸には向かないかな〜と思います。

 

 

でも、一度体験したら「何これ!超簡単!」と思うので、機会があれば是非使ってみて下さい。

 

 

シンプルな内容ですが(笑)ありがとうございました。

*************************************

【 お知らせ 】

日本ヴォーグ社様とのコラボ「手作りキット」発売中
・サコッシュ
・メガネケース

詳細は「ぬいものじかん〜フェルケイト」動画にてそれぞれご案内中です。