「サロペット」をリメイクしてみました

暑いですね。。。驚異的に早い梅雨が明けたと思ったら驚異的な暑さ💦

皆さん夏の普段着は何を着ていますか?

 

私は何年か前に(と言うか会社を辞めて服装に制限がなくなってから)、当時流行っていたサロペットがとっても涼しそうで、ネットで1枚購入しました。それがコレ

 

 

ラフな格好で過ごせるのでよく普段着として着ていたのを覚えています。でも途中からあまり着なくなります。その理由は

 

一言でサロペットと言っても色んな種類や型があり、

・なぜ、V開きを選んだのだろう?少し後悔。Tシャツと合わせるならエプロンタイプ(四角が結構下の方にあるやつ)の方がバランスは良かったなあと。

 

・丈が思ったより短い(ネット購入あるある)。ふくらはぎの見え方が何とも微妙・・・

(ひとりハワイ旅の写真。楽しかったな〜)

 

・中のTシャツがスルスルと上がってきて落ち着かない。(これはインナーとの相性もあると思いますが)

 

そして最大の着なくなった理由が、田舎に引っ越してきて

・丈が短い分、蚊に刺されやすくなった

・都会より湿度が多く、胸当て箇所が重ね着状態なので暑苦しくなった

 

 

とこんな感じです。もう2年着てないから断捨離かなと思ったのですが、それにしても夏用のパンツ(スカート)を持っていない私。何とかこれをリメイクして夏用パンツにならないか・・・という事で。

 

思い切りカット

 

カットしたら、その内側に伸縮性のない布(今回は少し厚手のリネン)を縫い合わせます。

 

それを表に返すと

 

こうなります(縫い目は内側に隠れる)

 

もう一度リネンを開いて、サロペットのラインに合わせて折ります。

 

折ったままリネンを戻して、両脇から一周を縫います

 

そして表に返すと、こんな感じになります。

 

 

こうすると何となくわかりますかね

 

そして両サイドに大きめのボタンを付けます

 

 

ボタンホールも手縫いで(と言うか暑さでミシンの調子が悪いのかボタンホールが出来ない)。ボタンの大きさに布をカットして

 

ブランケットステッチで周りを縫います。これで立派なボタンホール!ブランケットステッチの方法はこちらから

 

 

ボタンをはめるとこんな感じになります。ボタンの大きさはお好みですが、このくらい大きい方が可愛いような気がします。因みにウエストでなく腰履きです。

 

 

ほーら!こんな感じのゆったりロングパンツになりました!

 

 

これで、今年の夏はかなり涼しく過ごせるかも!何日か履いているけど結構調子が良い(嬉)。

 

 

ありがとうございました

飾り棚にかんたんに横板を付ける方法②~DIYシリーズ

前回のブログは↓から

飾り棚にかんたんに横板を付ける方法①~DIYシリーズ

 

今回はその続きです。もうこれで充分じゃない?って正直思いますよね。

 

でも一度スイッチが入ると止まらない(妄想が止まらない)のがDIYの悲しいところ。

 

腰を上げるまでは時間が掛かるけど、上がったら中々降りない。

 

と言う事で、、、

 

ここに棒が一本。

 

これを棚板の長さにカットします。

 

そして、夜な夜な水性ニス(けやき色)を塗ります。ボンドを付ける予定の面には塗りません。

 

 

そして棒をはめた棚板の前の面(細い所)に木工ボンドで留めて、一晩置きます。

 

次の日こうなります。まさに棚板がデザインされました!

 

 

そして元の位置に戻してみると、良い〜〜〜感じ!

 

 

でも、何かが足りない、、、棚自体にもう少しアクセントが欲しい、それと棚の色とディスプレイが色味が似ている事もあり、何となく一体化して、せっかくの雑貨が目立たない。

 

と言う事で、、、

 

 

ジャーン!フェルトの登場!

今回は気分や置く物で変えられるようにフェルトは乗せるだけ。先ずはどんな色にも優しくマッチしてくれるライトグレイ。

 

足りない所ははピッタリ付け足して

 

 

また雑貨を借り置き。やば!かわ!です。

 

 

本当は下の段も同じようにする予定ですが、意外とこれくらいで可愛いかもです。

 

最終ディスプレイはこんな感じ。ダイニングテーブルからも、ソファからも愛でる位置にあって、いつもニンマリしております。

 

あ〜DIYってやっぱり楽しい〜

 

ありがとうございました。

飾り棚に簡単に横板を付ける方法① 〜DIYシリーズ

我が家のリビングの主な家具は

・旦那さんお気に入りのヴィンテージチェスト

 

・ヴィンテージの椅子

 

・おうちガーデンの棚(本当はコーヒーテーブル)

 

そして、DIYした奥行きが14cmの棚

 

かなり前にブログに書きましたが本当は立てて使うように作った棚です。でも度重なる引越しの中で、ふと横にしてみたら、、、
ブログ「棚のカスタマイズ 飾り棚作っちゃおう」

 

それからは、私のお気に入り家具になりました。大きすぎないサイズは、ちょこっと雑貨をディスプレイするのにピッタリ、いや「しっくり」です。

 

そんな棚を朝のコーヒータイムにじ〜っとみていたら、急に気になる箇所が。

それはここ

 

何だか無理くり飾ってる感が(笑)。本当にコレ飾りたいのかな?と。でも本やフレームを飾るくらいしか思い付かない(涙)。

そこから暇さえあれば、ボーッと何か簡単に変えられる方法は無いかなーと想像する日々。もう大掛かりなDIYをする気力は無いし、、、。

 

 

ちょっと話は変わりますが、賃貸のせいか地味に画鋲マニアな私。我が家に飾っているイラストなどのフレームは殆どが画鋲です。引越しする時に殆ど穴が分からないのがベストだから。

で、そのノリで最近の画鋲はどんなのがあるのかなとネット検索していると、こんなモノを発見。


(何処で購入したか覚えていない・・・)

 

コレ使えるかも、しかも真鍮。本来はフックとして使いますが、コレを棚のダボとして使ってみようとポチリ。

 

そして家にある修正材をこの幅に合わせてカット。


結局DIYしている(笑)

 

そして、高さを決めてフックを刺します。棚は修正材でなく唯の木材なので結構チカラが必要です。でも一度刺されば 石膏ボードみたいに不安定な事なく、取れる心配はありません。

 

その上にカットした板を乗せますと・・・

 

きゃー!コレだけでも全然違う!(相当テンション上がっています)

そして、こちらがこの前久々の吉祥寺探検に行った時に購入した雑貨達。

とりあえず並べてみる。配置はまだピンと来ないけど、取り敢えず良いんじゃない!

 

そして、この時点で時間は夜の23:30!今回はここまで。おやすみなさ〜い。

 

ありがとうございました。

フレームを布で飾ろう〜夜な夜なミシンじかん

突然ですが私は夜の晩酌後に気を抜くと眠ってしまい、

 

撮った動画の編集

ガズピアノの楽譜書き

溜まっている動画のリストお越し

夕食の洗い物

 

などなど本当はやる事はあるのですが、どうしても一度寝ると中々起きられない。そして肝心な夜には寝つきが悪い事が多く、何か良い方法はないかな〜と探していました。

 

 

そうだ!!!!!何の生産性も無い(と思っている)自分の好きな事で眠気を吹っ飛ばそう!と言う事で、「前々から気になっていた事チャレンジシリーズ」

パネルフレームを布で飾ってみる

 

 

 

まず問題のフレームはこちら。とにかく大き過ぎて(H74cm:W52cm)しかも一般的な規定サイズでは無いらしく、ポスターを入れたくても変な余白が出来てしまう。しかも今のポスターもかれこれ15年位前に雑貨屋さんで買ったのですっかり色褪せております。

因みにこのパネルフレームは、ハワイにハマっていた頃にわざわざ旅行会社に問い合わせして汐留まで戴きに行ったポスターのために購入したモノ。

 

 

しかし、今の季節って良いですよね。エアコンがない作業部屋で夜も色々好きな事が出来る。今回使う布はこの3色。適当にアイロンを掛けます。

 

 

そしてサイズを計算して布をカット(計算・・・)

 

 

ひたすらミシンで直線縫い。眠気が飛んでいく〜

 

 

縫った布を開くとこんな風になります。うんかわいいね!

 

縫い目の切り替えをしっかり出すのがポイント。今回はアイロンも使います。

 

 

そしてパネルに嵌めてみる。中は発泡スチロールより硬いボードのような感じ。

 

 

これに布を貼ります・・・あれ???長さが足りない!?

やはり酔っていたせいか、引き算も出来なくなっていた(涙)。急遽プラス10cm足す事になり、色選びに悩む(これで一気に眠気は無くなる)。と言う事でちょっと可愛い過ぎなので渋めの色をプラスしました。

 

 

 

さっ!気を取り直してパネルに入れます。後ろから見ると結構な状態(笑)。

 

 

そして同じ場所に掛けてみる

ん〜・・・ピンと来ない。しかもアイロンしっかり掛かってないし(涙)

 

 

翌日、気を取り直してパネルから外してアイロン掛けからもう一度。

 

 

今度は良い感じ!布がピンとしている。あえて模様の方を下に変えて、埃も取って。

 

 

できあがり!! やっぱりちょっと手を抜くか抜かないかで違うのね。

 

 

飾る場所も変えてみました。

ライトの灯りとも相性が良い感じ。

 

実はこのフレームの色はゴールドだったのですよ。でもハワイの写真を外すタイミングで、黒に塗り替えました(当時はDIYに燃えていたのね)。

 

 

余談ですが、元のポスターがあった場所にはPCで書いたデザインをA4のフレームに入れて飾ってみました。これが想像以上にgoodでございました(笑)。

 

 

これでスタンドライトも映えて結果O K!

 

 

ありがとうございました。

新しい活動のお話④ 「刺繍の図案を考える」

これまでサコッシュの事を色々とお伝えしてきましたが、実は今回は「メガネケース」の手作りキットもあるのです。

 

そして、サコッシュも同じですが

 

「刺繍」

 

をした作品が出来上がる予定なのです。

 

 

今まで色んな刺繍をしてきたけれど、図案を作る時は主にイラストレーター(以下イラレ)と言うソフトを使います。やっぱり印刷出来て何度も使えるのはとても便利。私物や簡単な線なら思い切り手書きかの時もありますけど(笑)。

 

 

そして、今回の図案は

 

・眼鏡(メガネケース)

 

・4つのボックス(サコッシュ)

 

 

まずメガネ。これのデザインの元はこちら

 

 

手元用メガネが至る場所にあるのですが、全てフレームが違うので、こんなタイプも面白いかなと思ったのですが、ケースとのバランスなどを想像して上のタイプにしてみました。

 

 

画像で取り込んで、イラレのペンツールで少し形を変えてなぞっていきます。ここでのポイントは、左右が微妙にズレてるところ。

 

 

 

そして、サコッシュの4つのブロック刺繍はこんな感じで色々とイメージしていて

 

 

本当は「自由に何となくの四角を4つ描きましょう!」と行きたかったのですが、さすがにそれは自由過ぎるだろうという事で、こんな感じで形にしてみました。

以外にマジメ。

 

 

 

でも、動画で図案の書き方をご紹介する時は「え?」ってなるかもしれませんので、是非お楽しみに。

 

 

ヤケに楽しそうに図案を考えてる私ですが、もうそろそろ具体的に決めねば〜

 

ありがとうございました。

///////////////////////////////////////////////////
〜もくじ〜
新しい活動のお話①
新しい活動のお話②
新しい活動のお話③