新居!空間作り工夫① 出窓のカーテンを変える

私ごとですが昨年の年末に長野南信州に引っ越し致しました。以前住んでいた場所は田舎とは言え関東でしたので、やっぱりこちらの方が寒いです。

 

そして今回のおうちは同じ戸建てでも

 

・築30年

・平家

・和テイスト部分あり

・窓はペアガラスではない

 

とこれまでとは趣や便利具合が違います。どう考えても今までのおうちの方が

 

・築浅

・2階建て

・完全洋風のオール電化

・全てペアガラス(トイレやキッチンの小窓まで)

 

と住みやすさはダントツです。でも不思議な事に今回のおうちは2度も内見するくらい(関東と南信州の往復)頭に残る物件でした。それは私だけでなく旦那さんも同じだったようです。なので、これは“出会い”と思ったのと他の理由も相まってここに住む事に決めました。

 

 

そんな築30年平家の賃貸DIYをこれから少しずつご紹介して行こうと思います。という事で今回はリビングの出窓DIYのご紹介。

 

出窓って見た目には凹凸が出来て部屋に表情を作ってくれるから良いと思うのですが、これが1枚ガラスだと少しやっかい。普通の窓より部屋の暖気を集めやすく、外との温度差で結露が発生しやすい。かなり前に住んでいたマンションの寝室にも1箇所出窓があり、冬の結露を取るのが毎朝の日課でした。

 

そんな出窓が今回はリビングにある。そしてかなり大きい。その出窓のカーテンは少し変わった場所、出窓枠の内側(部屋側)に付いています。なのでカーテンを閉めるとこんな感じに。これはきっと窓との間に空気層を作るのが目的だと思います。

 

 

でもこれだと夜はカーテンの圧迫感があって部屋が狭く感じます。そして何より出窓に置いている観葉植物は閉めたカーテンの外側に居るので、夜中はとても寒そうです。

 

 

 

という事で我が家はカーテンを出窓枠の外側(窓に近い方)に付け直す事に。賃貸のためカーテンレールを取り付ける事が出来ないので、そういう時はつっぱり棒を使います。突っ張り棒か・・・と思うかもしれませんが最近はデザインも色々あって、あのいわゆる真っ白な味気無い突っ張り棒じゃないのが沢山あるのですよ。

だけど今回の窓がとにかく広い!軽く2m50cmはあります。そんな長い物干し竿みたいな突っ張り棒を買っても次に引っ越す時に使い道あるかしら?しかもネットで探してみたらデザインが良いのは2mまでが殆ど。

 

 

ん・・・諦めるのか・・・

 

 

と思ったら見つけました!今回使う突っ張り棒はこちら!何と基本は60cmだけどパーツを足してどんどん長くするタイプ。しかもステンレス!白くないよ〜!

 

 

出窓の植物と雑貨を一旦下ろします。

今までガラスブロックを1箇所に全部集めて使った事が無いので、なかなか圧巻な眺め。ちょっとした壁に見える。(ガラスブロック編は後日ご紹介)

 

 

カーテンをボールリングにそのまま掛けてみると、残念ながら幅が足りません。。。

 

 

そこでカーテンのヒダを全て取ってフラットなカーテンにする作戦。

 

 

そして丈も長いのでカットせずに折り込んでなみ縫いで裾上げ。この方が空気の層が出来て暖かそうです。

もう一度カーテンをクリップで挟んでポールに掛けてみるとピッタリ!!

 

 

 

まだヒダの癖が残っていて多少の引っ張りがあるので、馴染むまで中心をクリップ留め。

 

 

前のおうちでは今ひとつ馴染まなかったカーテンですが、場所や用途が変わるとしっくりくるから不思議ですね。観葉植物たちも喜んでいるような。

 

 

こんな感じで少しずつ自分たちのおうちにしていこうと思います。

賃貸でも楽しく豊に暮らす為の工夫が面白い。

 

 

ありがとうございました。

キャビネットの収納扉を再利用 (番外編)

前回のブログでリビングのDIY棚が一気にミッドセンチュリー風なチェストになってとてもご満悦な私です。

前回ブログ

【キャビネットの扉を再利用②】

でも、どうしても忘れられない事、いやモノがある。それは

 

マガジンラック

 

チェストから外した扉の使い道が決まらなくて、取り敢えず洋書の仮ラックにした時に、白壁に何とも言えぬ良い感じのアクセント。

あの光景が忘れられず、、、

家にある材料でラック作り!

 

・3杯の端材の長さをカットして揃えます。

・水星ニス(けやき色)で塗ります。「けやき色」がとても好きです。

・木工ボンドで3枚を仮接着します。

・1日置いて、3枚を固定する為に両端にバルサ(細い修正材)を通してビスで止めます。

 

・そして雑誌や本が板に対して水平に置けるように、下板(以前100均で購入した別用途の物に水性ニスを塗ったモノ)をビスで付けます。最後に何処に付けるか決まらず置いていたアイアン(こちらも100均商品)もビス留め。これはラックのアクセントと置いた本が前に倒れてくるのを防止。

そして完成!!!

ヴィンテージの照りまでは無いけど、良い感じで白壁のアクセントになってる〜。

 

横から見ると3枚繋がっているのが分かります。

 

 

メチャクチャ満足!

我が家の大好きな場所が増えました。

ありがとうございました。

キャビネットの収納扉を再利用 その② 棚がチェストに変身

前回のブログの続きはこちらから

キャビネットの収納扉を再利用① マガジンラック

ヴィンテージのキャビネットの蓋を外してこんな感じに。この棚の面は私のソファ定位置の真正面で朝食後にソファに座って目の前の光景にご満悦していると・・・

 

 

 

ん?

 

ん? ん? ん?

 

 

これって、もしや?サイズ的に蓋になるんじゃない?と飲んでいるコーヒーをそのままに雑誌を取ってみる。

 

 

ほら!こうやって!当ててみるとなかなか良い感じ!蝶番付けっぱなしで良かった!

 

でも高さは良さそうだけど、幅が合わないので中の板を扉に合わせて左にズラす。

 

ヴィンテージの扉が重くて流石に一人では上手く出来ないので、今回は旦那さんも応援に。この棚は私のDIY。中央の棚も簡単に外せるし背面板が付いていないので、こういうビスを止める作業はしやすいです。

 

そしてジャーン!扉が付いた!

 

カッコイイ!!!ミッドセンチュリーだわ!

 

そもそも素人DIYが作った棚なので若干歪んで蓋にズレが・・・。

 

そんな時は蝶番のところにゴムを当てて扉の角度を調整。そして元のキャビネットに付いていた受け側の磁石も取り付け。

 

そして雑貨達も定位置に戻してあげて、ん〜素晴らしい!

 

少しだけ隙間が出来たスペースは本当に残したい雑誌だけを入れるスペースに。思い切ってもう読んでいない雑誌を処分してスッキリ。

 

ちらっと扉を開けてみるとまだこんな感じ。ゆくゆくは一枚横板を入れて2段にしようと思います。

 

 

ありがとうございました。

(もしかしてその③もあるかも)

キャビネットの収納扉を再利用 その① マガジンラック

もし自分の家だったら必ず洗面所に付けるであろう「タオル入れ」

 

ですが、賃貸の洗面所って意外と造作のタオル収納棚って無いですよね。後付けの洗面台が多く、最近は足元が引き出しタイプもあったりするけど殆どは観音扉式の仕切りが無いタイプ。


(こんな感じのタイプ)

 

 

私は(旦那さんも)ここに布モノを収納するのがあまり好きでなく、収納するとしたら洗濯道具系やお掃除系、普段使わないモノを収納しています。

 

で、タオルはどこに収納しているかと言うと、以前は無印の籠に入れてDIY椅子の上に置いていたのですが、どうもしっくり来なくて収納出来る棚を探していました。棚を決めるポイントは2つ

 

・タオルの収納部分は直ぐに取り出せるオープン棚

・出来れば私のパジャマなど簡単な夜用の着替え籠が入るスペースが欲しい

 

 

この2点を叶えたのがこちら

 

 

かなりリーズナブル価格で、しかもヴィンテージという言葉に弱い私は吸い寄せられるようにネット購入(しっかりサイズは確認済み)。

 

 

そしてキャビネットが到着して下の扉を開けてみると「ん?」何とも言えないよく言えば海外の香り、悪く言えば甘ったるい香り。これはパジャマを入れるにはどうでしょう?という事で、2ヶ月間くらい消臭剤を入れてみたけど全く香りが取れない。。。扉を開けっ放しで使うのも変だし、使わずにそのまま放置。

 

でも何だか上のタオル入れだけしか使ってないのって勿体ないという事で思い切って扉を外す事に。扉を取ってみると棚の中の白が見えて見た目が軽くなったような気がします。もうオープンなのでカゴを入れても大丈夫!

 

そして、この外した扉。見た目では伝わらないと思いますがとても重い。ずっしりとした木材なんだろうな。これをそのまま処分するのこそ勿体ない!

 

どうしよう、何にしよう、、、、と

蝶番が付いたままリビングの棚の上に置いて、そこに本を立て掛けてみると何だか超カッコイイ!!!

 

 

良い感じのラッカー風の塗装が夜はライトに反射してとても綺麗。特に使い道も無いし暫くはここで良いな。何だかやけにしっくり(笑)。

 

因みに、黒いアイアン(100円ショップ)はビスで留める勇気が無くて(本当にこれに付けて良いのか私)置いているだけですが、良いアクセントになっております。

 

今回その①ということは、その②がある訳で次回に続きます。

 

ありがとうございました。

飾り棚にかんたんに横板を付ける方法②~DIYシリーズ

前回のブログは↓から

飾り棚にかんたんに横板を付ける方法①~DIYシリーズ

 

今回はその続きです。もうこれで充分じゃない?って正直思いますよね。

 

でも一度スイッチが入ると止まらない(妄想が止まらない)のがDIYの悲しいところ。

 

腰を上げるまでは時間が掛かるけど、上がったら中々降りない。

 

と言う事で、、、

 

ここに棒が一本。

 

これを棚板の長さにカットします。

 

そして、夜な夜な水性ニス(けやき色)を塗ります。ボンドを付ける予定の面には塗りません。

 

 

そして棒をはめた棚板の前の面(細い所)に木工ボンドで留めて、一晩置きます。

 

次の日こうなります。まさに棚板がデザインされました!

 

 

そして元の位置に戻してみると、良い〜〜〜感じ!

 

 

でも、何かが足りない、、、棚自体にもう少しアクセントが欲しい、それと棚の色とディスプレイが色味が似ている事もあり、何となく一体化して、せっかくの雑貨が目立たない。

 

と言う事で、、、

 

 

ジャーン!フェルトの登場!

今回は気分や置く物で変えられるようにフェルトは乗せるだけ。先ずはどんな色にも優しくマッチしてくれるライトグレイ。

 

足りない所ははピッタリ付け足して

 

 

また雑貨を借り置き。やば!かわ!です。

 

 

本当は下の段も同じようにする予定ですが、意外とこれくらいで可愛いかもです。

 

最終ディスプレイはこんな感じ。ダイニングテーブルからも、ソファからも愛でる位置にあって、いつもニンマリしております。

 

あ〜DIYってやっぱり楽しい〜

 

ありがとうございました。